先物グリッド入門:初心者向けチュートリアル

1.先物グリッドとは?

先物グリッドは、ショート/ロングの方向を選択して、グリッド取引の戦略を先物取引に適用する手法です。

グリッドで設定した価格範囲に従ってロングする場合、価格が下がったときにグリッド数などの購入パラメーターが多くなり、価格が上がったときに売却できます。そのため、安く買って高く売ることでグリッド利益を期待できます。同様に、ショートの場合も、高値でショートポジションを建て、安値でポジションを決済します。

chart.jpg

2. 先物グリッド現物グリッド vs.先物取引

最適な選択肢はどれでしょうか?

__.jpg

3.先物グリッドのメリットは?

(1)先物グリッドのパッシブ運用により、先物取引より低リスク

最初のポジション開設が50%程度で済むため、ポジションが全額支払いとなった場合の先物取引の高いリスクを回避することができます。損失が発生した場合、先物グリッドは先物取引よりも損失は少なくなります。

(2)強制デレバレッジ

KuCoin 先物グリッドのレバレッジは1~10倍まで調整可能で、同条件の先物取引に比べて清算が発生しにくくなります。コントロール可能なリスク条件下であれば、良好なリターンを期待できます。

 

4.損失が発生した場合、何が原因と考えられるか?

・先物グリッドのポジション開設方向が間違っており、未実現損失が発生している。

・ボラティリティの大きい相場で、保有時間が短すぎるためにポジションが利益を実現する前にグリッドが停止してしまう。

・グリッドのパラメーターが適切に設定されていない、価格間隔が小さすぎる、グリッドが密集しすぎている、手数料負けしている、など。

5.先物グリッドのヒント

(1)適切なペアの選択

・時価総額上位10位までの取引ペアで、BTC、ETH、XRP、ADA、SOLなど時価総額の大きなペアを優先する。

・ボラティリティが大きく、出来高の多いペアを選ぶ。

(2)ロング、ショートの選択

・相場が上向きの場合、ロングを選択する。

・相場が下向きの場合、ショートを選択する。

(3)適正な価格範囲の設定

・ボリンジャーバンド(BOLL)の上限と下限の範囲を参照する。

・リーダーボードの設定を参照する。

6.ボタン

(1) 最初の先物グリッドの作成

(2) 7日間の手数料無料取引を開始

リスク警告:戦略取引ツールとしてのグリッド取引は、KuCoinからの金融または投資アドバイスではありません。グリッド取引は、お客様ご自身の判断と責任でご利用ください。ユーザーは、グリッド取引チュートリアルを読んで十分に理解し、自分の経済能力の範囲内でリスクコントロールと合理的な取引を行うことをお勧めします。

この記事は役に立ちましたか?
32人中31人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。