利食い/損切り注文がキャンセルされる理由を徹底解説

仮想通貨市場は24時間365日ノンストップの取引サービスを提供しています。したがって、リスクを軽減しながら時間を節約するために、利食い/損切り機能は効果的な選択肢となります。この記事では、KuCoinの利食い/損切りシステムを紹介し、どのような条件で利食い/損切り注文がキャンセルされるかを説明する事を目的としています。以下の内容をご理解いただき、最適な利食い/損切り戦略を立てていただければと思います。

 

状況1:資金不足

状況2:KuCoinの価格保護制限を超過

状況3: 注文を約定させる事ができない、または相場の変動により予期せぬ価格で約定している

 

状況1:資金不足

まず、こちらのリンクをクリックして、 KuCoinの利食い/損切り機能の 重要なアップグレード メッセージ を確認する事を お勧め します。

アップグレード後、利食い/損切り注文を設定しても、システムが資金を凍結する事はありません。資金が凍結されるのは、利食い/損切り注文が発動された時のみです。ただし、お客様の資金が不足した場合は、その注文はキャンセルされます。

Case_1__Stop_orders_.png

例えば、Tomの取引口座には32,000USDTがあり、現在のBTC価格は31,000USDTです。TomはBTC価格に強気で、抵抗線である32,000USDTを突破すれば35,000USDTまで急騰すると考えているので、上の写真のように利食い/損切り注文を設定しました。しかし、BTC価格は非常に安定しており、この場合、彼は代わりに30,000USDTを貸し出して利益を得る事を選択します。

Tom の口座には 2,000 USDT しか残っておらず、BTC が最終的に 32,000 USDT に達すると、彼の利食い/損切り注文が発動されるはずでした。しかし、BTCの貸し出しはまだ有効なので、利用可能な残高は少なくなっています。注文をトリガーするには少なくとも32,100*0.5=16,050USDT(手数料を除く)が必要です。なので資金部不足のためこの注文はキャンセルされます。同様のケースで、他の指値注文や他のUSDT取引のために資金が凍結されている場合も、この注文はキャンセルされます。

 

状況2:KuCoinの価格保護制限を超過

極端な状態を避け、トレーダーの利益を保護するために、KuCoinは現物市場に即時執行可能な価格帯(IEPR) in the を導入しました。 詳細はこのリンクをクリックしてください。
価格保護制限額 = (最終約定価格 - 最良買い/売り価格) / 最良買い/売り価格*100%。

1. 利食い/損切り注文では、トリガー価格、制限価格の制限はありません。システムは、この注文の最新の取引価格がKuCoin価格保護制限を超えているかどうかを自動的に確認します。超えている場合、価格制限内の注文の一部が取引され、残りはキャンセルされます。

Case_2__Stop_orders_.png

例えば、Tomは上記のように利食い/損切り注文を指値で設定します。BTC価格保護のための最新の価格制限を10%とし、注文板内の現在の最良の売値を32,100 USDTとします。この注文がトリガーされると、注文板を埋めるために注文が送信されます。その後、システムは、注文が完全約定した場合、新しい価格が35,400 USDT(10%超)に達することを検証し、(35,400-32,100)/32,100=10.28%で計算されます。これは、注文が完全約定後に価格保護制限の10%を超えることを意味します。したがって、リスクを回避するために注文の残りの部分をキャンセルする事になります。

2. 利食い/損切り注文を成行で指定した場合、システムは、注文がトリガーされ、完全約定した場合、最新約定価格がKuCoin価格保護の制限内であるかどうかを確認します。超えてしまっている場合制限を超える残りの注文はキャンセルされます。

Case_3__Stop_orders_.png

例えば、Tomは上図のように利食い/損切り注文を指値で設定します。BTC価格保護の制限額は10%です。注文板にある最良の売値が32,010USDTであった場合。BTCが32,000USDTに達すると、注文は有効になり、注文板を埋めるために送信されます。新しい価格が、(36,000-32,010)/32,010=12.46%で計算される36,000 USDTで価格保護制限を超えることをKuCoinシステムが検証した場合、注文の残りの部分はキャンセルされ、 32,010 から 35,211 (32,010*110%) までの約定しかできなくなります。

 

状況3: 注文を約定させる事ができない、または相場の変動により予期せぬ価格で約定している

1.利食い/損切り注文を指値で指定場合、トリガー価格に達すると指値注文となるため、価格が急変動すると通常の指値注文のように注文を完全約定させる事ができない等のリスクがあります。このような注文は、完全約定するか、他の条件によってキャンセルされるまで、未約定注文となります。

Case_4__Stop_orders_.png

例えば、Tomが上の図のような利食い/損切り注文を指値で設定した場合、 以下のような状況が起こり得ます。
a. 注文がトリガー価格に達した後、BTC価格が30,800USDT以上に上昇します。この場合、注文は注文板で約定可能な最高の買い価格で完全約定します。
b. BTC価格がトリガー価格に達した後、30,800USDT付近で変動し、その後30,800USDTより低い価格まで下落した場合。この場合、注文は注文板で約定可能な最高の買い価格(30,800USDT以上)で部分約定し、残りはキャンセルされるまで未約定注文になります。
c. BTC価格がトリガー価格に達した後、すぐに30,800 USDTより低い価格に下落した場合。この場合は注文は完全約定(価格が30,800 USDTに戻る)かキャンセルされるまで未約定注文となります。

2. 利食い/損切り注文を成行で設定した場合、トリガー価格に達すると、注文は現在の市場価格で約定します。この場合、相場の変動により約定価格がトリガー価格から乖離するリスクが伴います。また、新たな価格が価格保護制限を超えた場合、注文の一部がキャンセルされる事があります。

Case_5__Stop_orders_.png

例えば、Tomは上記のように利食い/損切り注文を成行で設定し、トリガー価格に到達した後の買い価格は31,000USDTとします。価格保護制限額は次のように計算されます。31,000-(31,000*10%) = 27,900この場合、 以下のようないくつかの 状況が発生する可能性があります:
a.トリガー価格に達した後、BTC価格が31,000USDT以上に上昇した場合、注文は注文板で約定可能な最高の買い価格(31,000USDT以下ではない)で完全約定します。
b.BTC価格がトリガー価格に達した後、31,000USDTの周りで変動しているが、まだ27,900USDTを上回っている場合。その後、注文は注文板にある約定可能な最高の買い価格(平均価格が27,900USDT以上)で完全約定します。
c. 注文がトリガーされた後、BTC価格が下がり続け、27,900USDTを下回る場合。価格保護制限を超えているので、27,900USDTを超える買い注文のみが約定し、残りの注文はキャンセルされます。

この記事は役に立ちましたか?
5人中2人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。