自動貸出・自動返済・自動更新について

自動借入、自動返済、自動更新とは?この項目では、KuCoinの信用取引で資金を借りたり、借入を返済するプロセスを学ぶ事ができます。また、取引中に自動借入や自動返済の機能をオンにするタイミングやオフにするタイミングも明確になります。

                                                           1.gif

  自動借入 自動返済 自動更新
目的 自動借入は、信用取引する際に、需要に応じて自動的に資金を借りる事ができるようになります。
 
借入れのステップを簡素化し、取引時間を短縮します。
自動返済は、30分に一度、借り手の信用口座を検知し、自動返済を支援します。もし、借入金に仮想通貨がある場合、システムは一度に返済します。 自動更新は、借入人が期限内に負債を返済すると同時に、現在の信用ポジションを維持する事ができます。
信用口座に延滞債務が発生せず、信用ポジションに影響を与えません。
オン/オフの切り替え 信用取引画面の "自動借入"でオン・オフがいつでも可能です。  信用取引画面の"自動返済" でオン・オフがいつでも可能です。 信用取引システムに搭載されている機能です。 
メリット 1. 信用取引の画面でオン・オフがいつでも可能です。
2. 借入れのステップを簡素化し、時間を節約し、素早く取引する事ができます。
1. 信用取引の画面でオン・オフがいつでも可能です。
2. 信用口座を検知し、自動的に返済を行います。負債を減らし、負債比率を効果的にコントロールします。
1. 全てのプロセスは、システムにより自動的に実行されます。
2. 満期を迎える負債に対する信用ポジションを維持するのに役立ちます。
デメリット 1. 一度有効にすると、その機能は常時有効になります。
2. ポジションを建てる時も決済する時も、取引するたびに自動的に仮想通貨を借りるので、不要な場合はオフにする事をお勧めします。
1.このプロセスは、30分に1回、システムにより自動的に実行されます。
2. トレーダーの許可なく自動的に返済され、取引計画に影響を与えるので、不要な場合はオフにする事をお勧めします。
/
操作が失敗する原因

1. C2Cレンディング市場において、仮想通貨の流動性が不足した場合

2. 対象の仮想通貨がC2Cレンディング市場から上場廃止になった場合

/

1. 借入人の現在の負債比率が96%以上の場合。

2. 対象の仮想通貨は、C2Cレンディング市場から上場廃止となりました;
3.C2Cレンディング市場において、仮想通貨の流動性が不十分でした。

4. 借入人の信用口座の債務が リスク上限額に達しています。

 

質問 & 回答:

Q1:信用口座にUSDTを振替えたら消えてしまいました。
ご安心ください。自動返済機能をオンにしている可能性があります。以前、USDTを借りて返済がなかったかどうか、資産の返済履歴をご確認ください。不要な場合は、オフにする事をお勧めします。


Q2: 信用口座に負債比率とUSDTの負債があるのはなぜ?信用でSOLを買っただけで、借りていないはずなのですが。
 確認したところ、"自動借入"機能をオンにされているようです。この機能はポジションを建てても決済しても自動的に仮想通貨を借入します。不要な場合は、オフにする事をお勧めします。


Q3:借入金が満期になると、信用ポジションに影響が出るのでとても心配です。何か解決策はある?
 ご安心ください。内蔵されている自動更新機能により、期限内に負債を返済する事ができ、同時に現在の信用ポジションを維持する事ができます。このプロセスはシステマティックかつ自動的に実行されます。


Q4:信用口座に新しい負債が表示されるのはなぜ?BTC/USDTのポジションを決済し、USDTを返済する予定です。
 以前 "自動借入" をオンにしたまま、オフにするのを忘れていた可能性があります。一度、自動借入を有効にすると、その後の信用取引の操作に影響を与え、取引計画の妨げとなる可能性がありますので、オフにしておく事をお勧めします。

ウェブ:

mceclip0.png

 

アプリ:

mceclip2.pngmceclip3.png

 

 

この記事は役に立ちましたか?
5人中2人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。