現物グリッドに関するよくある質問

Q:クラシックグリッドとは?

A: クラシックグリッド(現物) は、買い注文と売り注文を配置することにより、相場の変動から利益を得ようとする取引戦略です。設定した価格を中心に一定間隔で、基準価格よりも価格が下がった時に買い注文を、上昇した時に売り注文を出し、相場の動向から利益を得ようとするシステムです。

 

Q: クラシックグリッドはどのような条件で使用できる?

A:クラシックグリッドは、一定の価格帯の中で相場に変動がある場合に適しています。ボットは、変動から利益を得るために、徐々に増加する価格と減少する価格で注文を作成する事により、安く買って高く売ろうとします。 

 

Q:グリッド取引はどのように利益を得るの?基軸通貨と決済通貨のどちら?

A:決済通貨です。例えば、BTC/USDTを取引する場合、BTCが基軸通貨で、USDTが決済通貨です。グリッド取引ではUSDTを獲得する事ができます。

 

Q:どの取引ペアがグリッド取引に適してる?

A:初心者の方は、流動性の高いBTC/USDTやETH/USDT等の人気のある取引ペアを選択する事をお勧めします。グリッド取引の経験が豊富な方は、変動の高い取引ペアを試してみるとよいでしょう。ただし、利益と同時にリスクもある事を念頭に置く必要があります。

 

Q:クラシックグリッドは間違いなく利益を得る事ができる?

A:グリッド取引はグリッド利益のみを保証するものです。しかし、基準価格が下がり続けている場合、ポジションを維持するためのコストが市場価格を上回り、評価損が発生する可能性があります。 

 

Q:なぜボット取引はグリッド取引の開始時に選択した取引ペアの基軸通貨を購入するの?

A:システムが自動的に取引開始時に一定量の基軸通貨を購入し、買い注文と売り注文を配置して変動から利益を追求します。

 

Q:取引開始時の基軸通貨購入数量の計算方法は? 

A:計算式は次の通りです: 基軸通貨の買い付け数量 = 売り注文数 各グリッドの基軸通貨数量です

 

Q:グリッドトレードで損切り設定はできる?

A: “高度な設定”で損切りを設定する事ができます。価格が損切り価格より低くなると、ボットが自動的に基軸通貨を売り抜け、損切りになります。

 

Q:グリッド取引で利食いを設定することはできる?

A:可能です。グリッドレンジの最大価格は、利食い価格でもあります。   

 

Q:取引手数料が利益額を上回る事はある?

A:ありません。グリッド利益が取引手数料を上回った場合のみ、クラシックグリッドは注文を出します。

 

Q:グリッドが多ければ多いほど、利益も高くなる?

A:いいえ。グリッド利益の計算式は以下の通りです:  グリッド利益  グリッド間の価格差 * 各グリッドの買い付け数量 *  約定した注文数。 この式から、価格が常に設定した価格帯にある場合のみ、グリッドは利益を生む事ができます。利益は、各グリッドの注文数および利益によって大きく変わります。投資総額が変わらない場合、グリッド数が多ければ多いほど、グリッド間の価格差と各グリッドの買い付け数量が小さくなり、各取引の利益は少なくなります。従って、適切なグリッド数を設定する必要があります。

 

Q:値幅は大きければ大きいほど良いの?

A:いいえ。 グリッド利益=グリッド間の価格差*各グリッドの買い付け数量*約定した注文の数。 価格帯が大きければ大きいほど、注文は少なくなります。適切なグリッド数と価格帯を設定するためには、練習を通じて探求し続ける必要があります。 

 

Q:グリッド取引で本当に利益を得た人はいる?

A:グリッド取引は最も古典的な取引戦略の一つです。多くのお客様が既に利益を上げています。リーダーボードで確認できます。

 

Q:グリッド取引を3日間実行しましたが、あまり利益が出ませんでした。辞めたほうがいい?

A:グリッド取引はお客様の忍耐力を必要とします。数日だけでは、満足のいく結果は得られないかもしれませんが、運用を続け、1ヶ月後にどうなっているか見てみると、お客様が望むものが得られるでしょう。また、経験豊富な利用者から学び、パラメータを最適化することで、利益を向上させる事ができます。

 

 
 
この記事は役に立ちましたか?
3人中1人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。