IOC機能:現物取引における価格保護メカニズム

KuCoinの現物取引では、新たにIOC(Immediate or Cancel)機能が利用できるようになりました。これは、注文を出す際に、不必要な損失をもたらす可能性のある問題を防ぐために設計されたものです。具体的なルールは以下の通りです。

 

1. 現物取引システムにおけるIOC(Immediate Or Cancel)戦略の詳細は以下の通りです:

  • お客様が発注した成行/指値注文に対して反対注文がある場合、対応する市場価格と買い/売り価格の差が閾値を超えるかどうかをシステムが検出します(APIシンボルインターフェースでリクエスト可能)。
  • 差額が閾値を超えた場合、注文はキャンセルされませんが、注文が完全約定しない可能性がある事を通知するために、システムからのメッセージが表示されます。
  • この場合、その注文は閾値内の相場の既存注文に対して部分的に約定し、残りの未約定部分は即座にキャンセルされます。
例:閾値が10%の場合、KCS/USDT市場において、ユーザが10,000USDTの買い注文を成行で出した場合(現時点での売り価格は1.20000)、システムは最終約定価格を1.40000と判断します。(1.40000-1.20000)/1.20000=16.7%>10% の場合、基準価格は1.30000となり、1.40000で約定します。したがって、この成行注文は1.30000までの価格を提示する既存の注文と一緒に約定され、残りの注文は即座にキャンセルされます。したがって、この成行注文は1.30000までの価格を提示する既存の注文と一緒に執行され、残りの注文は直ちにキャンセルされます。

注意事項: 検出のズレが生じる可能性があります。注文が完全約定しない場合、注文の未約定部分が閾値を超えた事が原因である可能性があります。

 

2. 信用取引における価格保護戦略についての詳細は以下のとおりです。

  • お客様が発注した成行・指値注文に対して反対注文がある場合、対応する市場価格と売値・買値の差額が、清算価格(つまり、お客様の口座がマイナス残高になる価格)よりも悪い約定につながるかどうかをシステムが判断します。
  • 差額が閾値を超える場合、お客様の注文は、清算価格を下回る価格で市場の既存の注文に対して部分的に約定されます。
この記事は役に立ちましたか?
1人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。