信用取引用語の説明

重要な用語

証拠金 信用取引ポジションを建てるために使用される自分の資産からの初期資金です。

証拠金は借入前の信用口座の資産額であり、レバレッジを使って取引する際の担保となります。
信用口座 証拠金を借りて取引するための専用口座です。信用口座には2種類あります。

クロスマージン:レバレッジは最大5倍で、元本の4倍まで借りられます。

分離マージン:レバレッジは最大10倍で、正確な最大レバレッジは取引ペアによって異なります。
レバレッジ レバレッジは、取引ポジションが証拠金と比較して何倍大きくできるかを示します。

証拠金 x レバレッジ = 合計ポジション資産

最大借入限度額、およびポジションの総資産を決定します。
損益 (PNL) 現在価値と最初に借りた時の純資産価値の差として計算されます。
総資産 利用可能資産と凍結資産の両方を含む、すべての資産の推定合計です。
振替資産 他の口座から信用口座に振り替えられた資産です。
振替可能資産 他の口座に振替可能な信用口座内の資産です。
借入資産 信用口座で使用するためにP2Pレンディングを通じて取得した資産です。
利用可能資産 振り替えられた資金と借り入れられた資金の両方を含め、取引の準備ができている信用口座内の資産です。
凍結資産 信用口座にある資産のうち、注文の発注に使用できない資産です。通常、これはすでに未約定注文に使用されているためです。
借入 自分のポジションにレバレッジをかけるために資産を借りることを指します。信用口座に振り替えた資産を使用して、ポジションのために追加資金を借りることで行われます。
貸し手と借り手 貸し手:レバレッジのための追加資金を提供する側です。

借り手:ポジションを増やすために資金を借りる側です。
金利 借り手から貸し手に支払われる、一定期間の資産利用に対する手数料の割合です。 
元本と利息 信用口座の元の金額と未払利息です。
借入可能限度額 信用口座で借入できる最高額です。
自動借入と自動返済 自動借入:レバレッジを設定すれば、注文するだけで取引に必要な仮想通貨を自動的に借りられます。

自動返済:完了した注文から資産を受け取ると、最初に未払いの負債を自動的に返済します。

どちらの機能も必要に応じてオン、オフを切り替えられます。 

 

借入が失敗するケース

自動でも手動でも、次の場合には借入が失敗する可能性があります。

  • 借りる仮想通貨が信用取引市場から上場廃止となっている場合。
  • 市場の厚さが不十分な場合。
  • 借入額が仮想通貨の証拠金リスク限度を超えている場合。

 

負債比率

負債比率

信用口座における総資産に対する総負債の割合。


負債比率 = 口座の負債 ÷ 口座の総資産

口座の負債

借入資金と未払利息の合計。


∑ (総借入資産 x マーク価格) + ∑ (借入資産の未払利息 x マーク価格) 

口座の総資産

信用口座に保有されているすべての資産のマーク価格。 

∑ (総保有資産 x マーク価格)

 

リスクの管理

負債比率が高いほど借入が多く、清算リスクが高いことを示します。

リスクレベル
負債比率 ≤ 60% 60%90% > 90%

 

高リスクを制御するには、負債比率を減らします。方法は次の通りです。

1.他の口座から信用口座により多くの資産を振り替えます。

2.借りた仮想通貨を返済して、負債の一部を事前に清算します。

 

清算

参考清算価格 ポジションの清算が発生する価格です。 

信用口座の総資産および負債に基づき、対応する現物インデックス価格(BTC)を使用して計算された推定値です。 

現在、分離マージンモードでのみ使用できます。各分離マージン口座の清算価格は個別に計算され、他の口座には影響しません。 
清算 負債比率が97%に達すると発生し、すべての負債と利息を返済するために保有資産を売却します。清算が発生すると、メール、テキスト、プラットフォーム通知を通じて警告が届きます。
強制清算 次の2つのシナリオで発生します。

1.負債比率が97%に達すると、負債と利息を返済するために資産の一部を売却します。

2.利息の支払いが失敗した場合、時間当たりの利息をカバーするために資産の一部を清算します。

システムは負債を返済するためにすべてのポジションを管理し、清算します。マイナス残高リスクをカバーするための手数料 (ポジション総額の約1%) を差し引いた残りの残高は、USDTまたは清算されたトークンで返却されます。
証拠金リスク限度 変動の大きい市場における強制清算による多額の損失を防ぐためのリスク管理方法です。

取引リスクを最小限に抑えるため、KuCoinの証拠金リスク限度では各仮想通貨の借入額と購入額に上限を設定し、市況やリスクポリシーに基づいて定期的にこれらの限度額を調整します。

次の3つの構成要素があります。

最大ポジション限度:信用口座における各仮想通貨の保有上限額です。

最大借入限度:貸出市場における各仮想通貨の借入上限額です。

最大購入限度:信用取引における各仮想通貨の購入可能上限額です。

注意事項:クロスマージンおよび分離マージンの証拠金リスク限度はこちらで確認できます。KuCoinの各マスター口座は5つのサブ口座を持つことができ、それぞれがマスター口座の限度額の10%となります。

例:仮想通貨が最大ポジション限度に達した場合でも、ショートポジションを持つ人は負債を補うために信用市場を通じて購入できます。ただし、他の人(ロングポジションを持つ人など)は、そのトークンをさらに借りたり購入したりできません。
リスク準備基金 清算後の口座の残り資産が負債を返済するのにまだ不十分な場合、不足分を補填します。 

借り手が負債を返済するたびに、貸し手から10%の金利手数料を原資としています。

 

この記事は役に立ちましたか?
12人中8人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。