高度な戦略である信用取引は、トレーダーが取引能力を増強するために使用します。トレーダーは、少額の資金を使用してより大きな投資ポジションを管理します。この手法はレバレッジとして知られています。 これを行うには、少量の仮想通貨を担保として使用して資金を借り入れ、それをロング(買い)またはショート(売り)ポジションに投入して、初期投資を効果的に拡大します。 詳細に入る前に、理解しておくべきいくつかの重要な概念を紹介します。

1.クロスと分離マージン
2.借入と利息
3.ロングとショート
4.負債比率と返済
5.利点とリスク

1.クロスと分離マージン

KuCoinの信用取引プラットフォームは、クロスマージンと分離マージンの2つのモードを提供します。

1.1 クロスマージン

クロスマージンは、種類を問わず信用口座内のすべての資産を組み合わせて担保として使用します。これにより資本活用が促進され、清算リスクが軽減されます。主な利点は柔軟性で、既存の保有資産を交換することなく異なるトークンを借り入れられます。 クロスマージンに対応しているすべてのトークンをクロスマージン口座に振り替えて利用できます。この口座は、統一された負債比率を持つ単一のポジションとして扱われます。現在、クロスマージンは最大5倍のレバレッジに対応しています。

1.2 分離マージン

分離マージンは各取引ペアに固有の口座を割り当て、取引、リスク、負債計算を分離します。このアプローチでは、取引(振替、保有、借入を含む)を取引ペアの2つの特定トークンに制限します。主な利点はリスク管理であり、清算などの問題やリスクは他の分離マージン口座に影響を与えません。分離マージンは現在最大10倍のレバレッジに対応していますが、取引ペアごとに最大レバレッジは異なります。

1.3 クロス vs.分離マージン

差異 クロスマージン 分離マージン

口座

すべての取引ペアに対して単一の口座 取引ペアごとに個別の口座
証拠金 すべての資産を共有担保としてプール

担保は各取引ペアの特定通貨に限定

負債比率

すべての資産と負債から計算される、口座全体の単一負債比率

特定の資産と負債に基づく、各口座の独立した負債比率 手動調整が必要

リスク 口座全体でリスクを共有するため、証拠金は全体的なリスクレベルに応じて調整する必要があります。 清算が発生した場合、口座内のすべての資産が清算される可能性があります。 リスクは個々の口座に限定されます。 1つの口座が清算の危険にさらされても、他の口座は影響を受けません。

2.借入と利息

2.1 借入

2.1.1 借入可能資産額

クロスマージンでは最大5倍のレバレッジを利用できます。つまり、クロスマージン口座の総資産の最大4倍まで借入できます。 たとえば、クロスマージン口座に10 USDTを保有すると、最大40 USDTを借りられ、利用可能資金は50 USDTに増加します。また、異なるトークンにまたがって借りることもできます。 これは、クロスマージン口座でBTCを保有しながら、USDT、ETH、LUNAなどの他のトークンの借入ができることを意味します。また、返済期日前であればいつでも手動で負債を返済できます。

分離マージンでは最大10倍のレバレッジを利用できます。ただし、各取引ペアの最大レバレッジは異なります。 たとえば、BTC/USDT分離マージン口座に10 USDTがある場合、最大90 USDTまで借りられ、利用可能資金は100 USDTに増加します。この分離マージン口座は、ショートポジションの場合はBTC、ロングポジションの場合はUSDTのみを借りることができます。取引ペア以外のトークンは借りられません。

2.1.2 借入方法

手動借入または自動借入の2種類の証拠金借入方法から選びます。

手動借入:取引を行う前に貸出市場から手動で資産を借りられます。

自動借入:設定されたレバレッジ倍率に基づいて、システムが注文時に資産を借り入れます。取引に必要な金額が借り入れられ、同時に注文が執行されます。この機能はいつでもオン、オフを切り替えられます。

2.2 利息

利息は元本日歩借入期間に基づいて計算されます。以下のように、注文→信用取引注文→クロスマージン/分離マージン→利息に移動すると、利息の記録を確認できます。

Cross Margin1.png

利息の計算

初回金利:借入が成功すると発生します。 時間当たりの利息です。初回金利の後は1時間ごとに計算されます。

利息の返済

返済ボタンをクリックして、利息を付けてローンを返済します。利息は元本を全額返済するまで発生します。

利息の共有

プラットフォームは未払利息の5%の手数料を請求し、追加で10%保険基金に充当します。

3.ロングポジションとショートポジション

ロング:安く買って高く売ることで、市場が上昇するにつれて利益を得られます。 BTC/USDTを例に挙げます。トレーダーがBTC価格が上昇すると見込んでいる場合、ポジションをロングします。つまり、USDTを借りてさらにBTCを購入します。BTC価格が上昇すると、借りたBTCを売却してUSDTの負債を返済し、残ったBTC価格のスプレッドが利益となります。

ショート:高く売って安く買うことで、市場が下落するにつれて利益を得られます。 同じくBTC/USDTを例にすると、トレーダーがBTC価格の下落を見込んでいる場合、ポジションをショートします。これは、BTCを借りて売り、BTC価格が下がったら元の負債を返済するのに十分なBTCを買い戻すことで実施し、残りのBTC価格スプレッドが利益となります。

4.負債比率と返済

4.1 負債比率

負債比率は信用取引において重要な指標です。デジタル資産を借りていない場合は0%から始まります。資産を借りると、システムは元本、借入資産、利息に基づいて負債比率を計算します。計算式は次のとおりです。

負債比率 = 負債 / 利用可能資産

この時、

負債は、借入資産と特定口座内の未払利息の合計です。これは、すべての借入資産の市場価格に、これらの資産の未払利息を市場価格で加えたものとして計算されます。

利用可能資産とは、単に当該口座で保有するすべての資産の市場価格の合計です。

負債比率は5秒ごとに更新されます。負債比率が95%に達すると警告が発出され、KuCoinはセキュリティ設定に基づいてSMSまたはメールを送信します。負債比率が97%に達すると、資産の強制清算が発生します。Webでもアプリでも、信用口座と信用取引ページの両方から現在の負債比率を確認できます。

負債比率の閾値

レバレッジ倍率

最大レバレッジの初期値(利息を除く) 警告アラート 強制清算

払出

クロスマージン

1~5倍 80% 95% 97% 60%未満
分離マージン 1~10倍 90% 95% 97% 60%未満

cross margin2.png

注意事項:負債比率が60%未満の場合にのみ、信用口座から資金の一部を振り替えることができます。比率が低いほど、振り替えられる金額が大きくなります。すべての資金を振り替えるには、必ず信用資産ページで負債を確認し、先に未払いの負債をすべて返済してください。

低リスク:負債比率 ≤ 60%

中リスク:負債比率60~90%

高リスク:負債比率 > 90%。

リスクの軽減:

  1. 負債比率を下げるには、信用口座により多くの資産を振り替えることを検討します。
  2. あるいは、負債の一部を繰り上げ返済します。
  3. 注意事項:負債比率の計算にはマーク価格が使用されます。 レバレッジ取引には高い市場リスクが伴います。大きな利益が得られる可能性がある一方で、大きな損失を被るリスクもあります。過去の収益は将来の収益を示すものではないことにご注意ください。激しい市場変動は、資産の強制清算につながる可能性があります。この情報は金融または投資助言ではないことにご注意ください。取引に関する判断は、ご自身の責任で独立して行う必要があります。KuCoinはレバレッジ取引により生じたいかなる損失に対しても責任を負いません。

4.2 返済

4.2.1 負債の表示

  1. 借りたトークンは同じ種類のトークンで返済する必要があります。たとえば、USDTの負債はUSDTで返済し、BTCの負債はBTCで返済する必要があります。信用口座に返済に必要なトークンが十分にあることをご確認ください。負債総額の計算式は次のとおりです。
  2. 未払負債 = 借入資産 + 未払利息
  3. クロスマージン負債と分離マージン負債の両方を信用口座ページで確認できますcross margin3.png

4.2.2 返済方法

  1. 負債は期限前にいつでも手動で返済できます。ローン利息は、ローンの保有期間に応じて1時間ごとに累積されることにご注意ください。
  2. 利息の計算:借入後、資本と流動性の現在の市況に応じて金利が1時間ごとに再計算されます。
  3. 自動返済:注文時に自動返済を選択した場合、約定注文の仮想通貨が負債と一致すれば自動的に返済されます。

5.利点とリスク

5.1 利点

信用取引 vs.現物取引

レバレッジ

利益モデル

信用取引

1.保有資産を担保とする
2.USDTまたは他の通貨を借りて取引を拡大
3.最大10倍のレバレッジに対応

上昇/下落市場で利益を得るためにロング/ショートを行う

現物取引

自分の資産のみで取引

空売りは利用不可

信用取引 vs.先物取引

資本の活用 レバレッジ リスク比率

信用取引

1.保有資産を担保とする
2.USDTまたは他の通貨を借りて取引を拡大
3.証拠金は通貨の種類を問わず共有されるため、すべての対応通貨を共有担保としてクロスマージン口座に移すことが可能
4.より多くの仮想通貨に対応
1~10倍 中リスク
エクスポージャーが少ない
先物取引 1.それぞれのポジションは独立
2.担保は共有されない
1~100倍 高リスク

5.2 リスク

5.2.1 強制清算と引受

清算:資産のマーク価格により負債比率が97%に達すると、強制清算が発生します。この時点で、信用口座内のすべての資産は負債返済のために売却されます。

  1. トリガー:信用口座負債比率 ≧ 97%の場合

  2. 2.1 清算プロセス
    通知 口座設定に基づいて、SMS、メール、アプリ内またはWebアラートを介して通知を受け取ります。 制限
    i.信用取引ペアでは新規注文はできません
    ii.既存の信用取引注文はすべて自動的にキャンセルされます
    iii.清算中、トークンを信用口座と振り替えできません
  1. 清算後:ポジションの決済と借金の返済はシステムが引き受けます。残高がある場合、マイナス残高のリスク軽減として少額の手数料(ポジション総額の1%程度)がかかります。その後まだ残っている資金は、USDTまたは同等の清算されたトークンで口座に返却されます。

5.2.2 リスク警告

信用取引に伴うリスクを認識し、損失を避けるためにポジションを速やかに管理してください。強制清算により発生した損失はお客様の負担となります。多くの場合、強制清算は急激な市場変動により口座の負債比率が97%まで上昇した場合に起こります。リスク管理には、損切りや利食い設定などの事前対策が不可欠です。

信用取引の理想的な利用者候補

1.機関投資家または経験豊富なトレーダー
2.レバレッジ利益を求める現物トレーダー
3.定量的なAPIトレーダー
4.リスク選好度が高い方
5.マイナー

少ない資金で大きなリターンを期待できるため、仮想通貨の世界では信用取引が好まれています。その原理と運用を理解することが成功の鍵となります。

とはいえ、適切なリスク管理を決して怠らないことが重要です。高い利益を求めて投資を増やすと、特に不安定な市場では逆効果になる可能性があります。KuCoinは、ご自身のリスクを効果的に管理するために、損切りと利食いを設定することを強くお勧めします。

👉 準備はよろしいですか?今日から信用取引の旅を始めましょう!

この記事は役に立ちましたか?
15人中11人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。