少額残高をKCSに変換する方法

アルトコインのホームとして、KuCoinは現在700種類以上の仮想通貨を上場しています。KuCoinで何度か取引をしていると、ある仮想通貨を他の仮想通貨に売却した後、ごく少量の仮想通貨が口座に残っている事に気づくかもしれません。そのような少額の残高は、時間とともに蓄積されていきます。もしこれが気になるのであれば、KCSに変換する機能が役に立ちます!

この記事では、KCSとは何か、そして少額残高を1分でKCSに変換する方法をご紹介します。

目次

1. KCSとは?

2. 少額残高をKCSに変換する方法

1. KCSとは?

KCSはKuCoinの取引所トークンで、トレーダーが取引所の成長利益を共有できるユーティリティトークンとして、2017年にリリースされました。

Ethereumネットワーク上で動作するERC-20トークンとして発行され、ほとんどのEthereumウォレットで対応されていました。2021年半ばにKCCがローンチされた後、一部のKCSがKCCチェーンに移行しています。KCCの基礎燃料として、KCSはチェーン上の全てのdAppsに力を与える事になります。

KCSの総供給量は2億に設定されており、1億KCSとなるまで月単位で計画的にバーンする仕組みがあります。

詳しくはKCSの公式サイトをご覧ください。

KCSとは何か、どのように機能するかについては、こちらのブログ記事ををご覧ください。

2. 少額残高をKCSに変換する方法

1. KuCoinのホームぺージで、資産 – 概要をクリックすると、取引口座KCSに変換と表示されます。

mceclip0.png

mceclip1.png

2. 変換したい仮想通貨を選択し、KCSへ変換ボタンをクリックして、次に進みます。

mceclip1.png

3. 変換する仮想通貨の数量、受取るKCSの数量、手数料を確認し、確認をクリックして変換します。

Confirm_to_Convert.png

4. 変換履歴や詳細がページで確認できます。

Convert_History.png

check_detail.png

detail.png

ヒント:

  • この機能はKuCoinアプリでも利用可能で、取引口座で見つける事ができます。
  • 残高が5USDT未満の仮想通貨のみKCSに変換可能です。
  • この機能は24時間に1回のみ使用可能です。
  • 現在、上場廃止されている仮想通貨はKCSに変換できません。

 

この記事は役に立ちましたか?
34人中29人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。